知財経営をするということは、経営者自身が知財について学び、意識を高く持つということです。 特に、知財は「知らずに他人の知財を侵害してしまった」という言いわけがきかない世界です。 法律の在り方は、「法の無知はこれを許さず」・・・