「特許侵害」の記事一覧

訂正の再抗弁とは

特許侵害

特許権侵害訴訟において原告と被告は様々な主張をします。その一つが「特許無効の抗弁」及び「訂正の再抗弁」です。 2017年7月には最高裁判決も出ています。 主張の制限 第百四条の四  特許権若しくは専用実施権の侵害又は第六・・・

訂正審判とは

特許侵害

特許権の設定登録後には訂正審判の請求により特許の内容を訂正することが出来ます。 また、訂正審判を請求しなくても、無効審判や異議申し立てのなかで訂正の請求をすることもできます。 それぞれの共通点や違いに注意しながら学びまし・・・

均等論をもっと詳しく

特許侵害

判例でよく聞く均等論。2016年3月、及び2017年3月にも中外製薬の特許訴訟でこの理論が持ち出されました。 知財担当者や弁理士試験受験生は知っておくべき理論です。 特に弁理士受験生は5要件の暗記及び事例への当てはめがで・・・

特許異議申し立てと特許無効審判

特許侵害

一度成立した特許権を消滅させる手段として特許異議の申し立て(特許法113条)と、特許無効審判(特許法123条)が存在します。 似たような制度ですが、要件が違うので、効果的に使い分けていきましょう。 基本的に、特許異議申し・・・

特許無効の抗弁とは

特許侵害

特許権侵害訴訟において、被告は先使用権(特許法79条)や均等の範囲である等、様々な抗弁を主張します。 その抗弁の一つ「特許無効の抗弁(特許法104条の3)」について解説します。 特許権者等の権利行使の制限 特許法第百四条・・・

特許発明の技術的範囲

特許侵害

特許権の侵害訴訟の場において非常に重要になってくる特許発明(特許法2条2項)の技術的範囲(特許法70条)。 侵害する立場か侵害される立場かによって、その解釈の仕方は変わってきます。 しかし、特許法では、衡平の観点から、特・・・

特許権侵害で訴えられた場合の対処法

特許侵害

たとえ他人の特許権の存在を知らなくても、他人の特許発明と同じ技術を実施していたら、ある日突然特許権の侵害として訴えられる恐れがあります。 しかし、こちら側に正当な権原があれば特許権の侵害とはなりません。 また、訴えられた・・・

間接侵害とは

特許侵害

特許権の侵害には直接侵害と間接侵害の2種類があります。 直接侵害については、技術的範囲(特許法70条)の解釈という難しい問題がありますが、概念としてはわかりやすいと思います。 一方、間接侵害というものは、特許権者の保護の・・・

均等論とは

特許侵害

特許権侵害訴訟の場において重要になってくるのが、特許発明の技術的範囲(特許法70条)です。 そして、特許法の条文の文言条からは、クレームに記載されている発明と同一であることが求められると読めることから、均等の範囲にある発・・・

外国の特許権者から訴えられた場合

特許侵害

あいぴーの会社は、外国で特許権を持っている権利者から訴えられてしまったようです。 あいぴーは、ドイツで特許が成立している製品を日本で製造販売しています。 さて、この行為は特許権の侵害になるのでしょうか。

パテントトロール対抗法

特許侵害

小さなあいぴーの会社に怪しげな会社から警告状が届きました。 どうやら、送り主はパテントトロールのようです。 パテントトロールとは一体なんでしょう?そして、それに対抗するにはどうしたらよいのでしょう。   &nb・・・

ページの先頭へ

CLOSE
CLOSE
error: 「引用の仕方と禁転載」の記事を御覧ください