「特許ライセンス」の記事一覧

専用実施権とは

特許ライセンス

ライセンスについて考えるときに避けては通れないのが専用実施権と通常実施権の要件と効果です。これを知らずしてライセンスをすることは危険ですので、しっかりと学びましょう。 弁理士試験にも必須ですよ!

当然対抗制度とは

特許ライセンス

通常実施権者(特許法78条)は専用実施権者(特許法77条)に比べ、弱い権利しか持ちません。 したがって、特許権が第三者に譲渡されたときにその地位が脅かされる恐れがあります。 このような場合に、従来は「通常実施権は登録しな・・・

不争義務とは

特許ライセンス

特許権のライセンスを受ける際に問題となる条項に「不争義務」と「非係争義務」があります。   これらは独占禁止法違反になる可能性が高い条項ですので、もしライセンスを受ける場合にかかる条項が記載されているのに気づい・・・

特許権のライセンスの種類

特許ライセンス

特許権には財産的価値があるので、売ったり貸したりすることができます。 ただし、通常の有体物と違って、同時にたくさんの人が使うことが出来てしまうので、特殊な決まりがあります。 自分が特許権を貸す側になったときも借りる側にな・・・

特許ライセンスの交渉方法

特許ライセンス

財産的価値のある特許権はライセンスをすることもできます。 しかし、有体物と違ってその財産的価値を具体的な金銭として評価することが難しいことから問題が生じてきます。 不利な契約を結ばないように、交渉時に注意すべきことを学び・・・

ライセンスを受けるときの注意点

特許ライセンス

自社が発明した技術でなくても、他社からライセンスを受けることにより新規技術を使うことが出来るようになります。 しかし、ライセンス料金が不当に高すぎたり、こちら側に不利な契約が結ばれているようでは事業に悪影響が出てしまいま・・・

ページの先頭へ

CLOSE
CLOSE
error: 「引用の仕方と禁転載」の記事を御覧ください