知的財産権の共有や共同出願については、その特殊性から理解が難解な部分です。

「結合著作物」や「共同著作物」といった用語からだけでは理解することが困難でしょうから、具体的な場面をイメージしながら学んでください。

あいぴーとチーたん
あいぴーとチーたん

あいぴー
うちのアマチュア小説サークルの友達が、小説のネタに困っていたから、うちが、こんなテーマはどうかとかいろいろ提案したんよ。
そしたらな、その子が小説を書き上げて、それが入選したんや。

この場合、著作者はその子だけやなくて、うちも共同著作者になるんかな?


ふっくん
あいぴーはその小説の創作にどの程度関わっているんですか?

あいぴー
うちは口出ししただけやで。書いてはおらん

ふっくん
では残念ながら共同著作にはなりませんね。ヒントやテーマを与えただけの人は共同著作者ではありません。

その小説の創作に従事していなくては著作者とはいえないのです。

2人以上の者が共同して創作した著作物であって、その各人の寄与を分離して個別的に利用することができないものを共同著作物といいます(2条1項12号)。


ふっくん
すなわち、著作物が複数の人による共同の作品であると認められるためには、

①2人以上の者が創作した著作物であって、

②その2人以上の者の創作行為が共同しており、

③各人の寄与を分離して個別的に利用することができないことが必要です。

以上の要件に当てはめてみると、あいぴーの行為は”創作”ではないのであいぴーは著作権者にはなりません。

共同著作者になるためには、お友達が書いた小説の文章を補充訂正するなど具体的に関与していなければいけません。


あいぴー
なんや、そうなんか・・・

ふっくん
反対に、あいぴーが小説の内容を口で語って、それをお友達が書き留めた場合は、著作権者はあいぴーだけです。

後述を記録しただけの人は著作権者にはなりません。

あいぴー
うちが小説の第一章を書いて、友達が第2章を書いたら共同著作物になるん?

ふっくん
その場合は、結合著作物になります。

先ほど述べた③の要件を満たしていないからです。

③の要件を満たすためには、たとえば、二人の人が一緒に彫刻を彫ってどちらがどの部分を彫ったか分からず、分離して利用することができないことが必要です。


あいぴー
うちが小説を書いて、それを読んだ友達が漫画を描いたら?

ふっくん
お友達の漫画はあいぴーの小説の二次的著作物になります。

あいぴー
なんか複雑やな~

ふっくん
ここら辺は厳密に覚える必要はありませんよ。
お金のことでもめて裁判になったら弁護士に任せればいいんですし

あいぴー
もめたくないけどな(- -;)