「特許」の記事一覧(2 / 7ページ目)

基本特許とは

特許戦略

日本人は改良が得意で欧米人はゼロから一を生み出すのが得意という話を聞いたことがありませんか?ダイヤモンドの原石に磨きをかけるように、改良は非常に重要ですが、ゼロから一を生み出す方が困難だと思われています。 そして、そのよ・・・

発明の単一性とシフト補正

特許出願

平成18年特許法改正により、シフト補正の禁止が明文化されました(特許法17条の2第4項)。その後審査基準では単一性の要件(37条)については緩く解されるようになり、平成29年現在ではそれほど厳しくはありません。 また、単・・・

訂正審判とは

特許侵害

特許権の設定登録後には訂正審判の請求により特許の内容を訂正することが出来ます。 また、訂正審判を請求しなくても、無効審判や異議申し立てのなかで訂正の請求をすることもできます。 それぞれの共通点や違いに注意しながら学びまし・・・

審決等取消訴訟とは

特許あれこれ

審決等取消訴訟とは、文字通り、特許庁が行った行政処分である審決等に不服のある者が審決等の取り消しを求めて裁判所に提起するものです。 審決「等」とされているのは、審決だけでなく、取消決定や請求書の却下の決定についても取り消・・・

パテント・クリフとは

特許あれこれ

知的財産、特にジェネリック医薬品に関する特許のニュースで見聞きすることの多い「パテント・クリフ」。これはいったいどのようなものなのでしょうか。 製薬会社で45歳以上の人の早期退職と転職先 中小製薬会社・ジェネリック医薬品・・・

PCT国際出願と優先権の主張と自己指定

特許出願

PCT国際出願は実務でも弁理士試験でも重要なところですのでしっかり勉強しましょう。 PCTについての基礎的な知識が怪しい人は、先にPCTとはと外国へ特許出願する方法をご覧ください。 知財についてもっと詳しく知りたい方は新・・・

外国へ特許出願する方法

特許出願

日本で権利を持っているからといって外国でも特許権が成立するわけではありません。 外国でも特許権が欲しい場合には外国へ特許出願する必要があります。 この場合に採りうる方法は主に3つあります。

冒認出願とは

特許出願

かつては、冒認とは「発明者でないもので、その発明について特許を受ける権利を承継していないものが出願し、特許を受けること」と定義されていました。 今は違いますよ! 特許権の移転の特例 第七十四条  特許が第百二十三条第一項・・・

中用権とは[特許法80条]

特許あれこれ

通常実施権の一種である中用権。 重要性は低い条文ですが、弁理士試験一次試験には重要なので必ず学習してください。 また、商標法の中用権(商標法33条)とも比べてみてください。 無効審判の請求登録前の実施による通常実施権 第・・・

審査請求とは

特許出願

特許権を得るには特許出願するだけでは不十分です。 審査制度を採用している日本では、時間もお金も手間もかかるのです。 出願審査の請求 第四十八条の三  特許出願があつたときは、何人も、その日から三年以内に、特許庁長官にその・・・

拒絶査定不服審判と前置審査

特許出願

拒絶査定をされるとショックですよね。でも、拒絶査定を受けたからといって即諦める必要はありません。拒絶査定不服審判を請求すれば、特許査定に持ち込めるかもしれません! 拒絶査定不服審判 第百二十一条  拒絶をすべき旨の査定を・・・

ページの先頭へ

error: 出典を明示した適切な引用をお願いします。