転職において一番怖いのは、転職後になって自分にあっていなかった事務所であることに気付いてすぐにまた転職を考えてしまうことです。

 

では、どのような場合に「転職に失敗」してしまうのでしょうか。

それは、

 

求人票の条件だけを見て応募してしまった。

 

場合に起こり得ます。

 

 

たとえば、求人票に記載してある年収が高いためにその求人に飛びついてしまうと、後悔する可能性が高くなります。

 

なぜ高い年収を設定しているのかというと、ワンマンな所長やギスギスした雰囲気の事務所で人間関係が悪いために人が定着せず、高年収を提示しなくては人が集まらないのかもしれません。

 

また、環境や待遇が話と違っていたということもあります。

 

面接時に所長と話したときには残業は忙しい時期だけ、という話だったのに年間を通してずっと残業だらけということも有り得ます。そして、そのことを所長に言うと、「仕事が遅いからだ」と逆に怒られたり・・・。

 

更には、顧客に逃げられてしまった(業績が悪化した)ために、2年目以降は年収を下げられてしまうことも起こり得ます。駄目所長は、「私も苦しいのだから」という理由で自分の経営手腕の無さを所員の給料に転嫁するのです。

 

こんな労働環境では転職したことを後悔してばかりになってしまうでしょう。

 

 

したがって、年収以上に労働環境や雰囲気などを重視したほうが良いのです。

 

では、どうしたら希望通りの特許事務所で働くことができるのでしょうか。

 

 

一つには入念な下調べがあります。

 

特に実際にそこで働いている人に話を聞くことは有効なことです。
自分の人生がかかっているのですから、恥ずかしくても、根堀葉掘り尋ねるべきでしょう。

この際、自分と同じ職種の人に聞くのが基本です。

たとえば、弁理士として入所するのなら弁理士に、外国事務員として入所するのなら外国事務員に特許事務所の雰囲気や待遇について尋ねるのです。
事務員に弁理士(その逆もまたしかり)のことを尋ねても主観が入ってしまい、正確さに欠けますから。

 

しかし、そこで働いている人と接触する機会はなかなか得られないのが実情でしょう。

 

では、どうしたらよいでしょうか。

 

「特許事務所名」+ブラック
「特許事務所名」+評判

 

などで検索をしてみるのもよいでしょう。

ただし、数年前の古い情報である可能性が高いといえます。
また、その特許事務所の関係者が「ホワイト」である旨の書き込みをしている可能性もあります。

 

したがって、もっと「中立で信憑性のある」情報を得る必要があります。

 

そこで、「転職の失敗」を防ぐためには、他者の協力を得ます。

 

具体的には転職エージェントを利用します。

 

彼らにその職場がどのような場所なのか、どのような人たちが働いているのか、噂通りのところなのか等尋ねるのです。

 

そんなことを聞いたらエージェントの仕事を増やしてしまって申し訳ない、と思うかもしれません。

 

でも、彼らにとってはそれが仕事なのです。
あなたを就職させることによって彼らは100万円以上もの利益を事務所から得られるのです。したがって、遠慮なく転職エージェントを利用すべきです。

 

ただし、「給料は〇〇万円以下は嫌だ」「残業は○時間まで」といったように自分の意見を押し付けるだけではいけません。しっかりとエージェントの話にも耳を傾けて、「自分の考え」と「他者の助言」のバランスをとってください。

 

ただし、同じ会社でもエージェントによっては怠け者で聞かれたことに答えてくれない人もいます。
その場合は時間を無駄にしないためにも他のエージェントも併用して、たくさんの意見を聞き出すべきです。

 

このように、複数の転職エージェントを活用し、あなたに会うコンサルタントに出会うことが転職成功の条件となります。

 

これにプラスして、「自分の将来像を伝えられる人」は転職に成功しやすいといえます。
たとえば、「将来的に独立したいので、明細書作成技術だけでなく、特許事務所経営に関しても学ぶことの出来る事務所で働きたい」ということを(所長には伝えにくくても)転職エージェントに伝えます。そして、その条件にあった求人を探してもらうのです。

 

もちろん年収が高い特許事務所を希望するのも良いでしょう。

 

ただし、最初に申し上げたとおり、「年収だけに飛びつくと失敗する」可能性が高いといえます。

 

したがって、自分の核の部分に向き合って、「どうして高い年収がほしいのか」ということを突き詰めて考えてみると良いでしょう。

 

すると、「高い年収とは自分の価値を高く評価されたことの証である」→「ということは、自分の価値を高く評価してもらえるのであれば表面的な年収にこだわる必要はないのでは」「待遇が良い場所で働いて、2年目以降に年収がアップしていくのなら、それこそ正に自分の能力が認められたことの証になるのではないか」ということに気づけます。

 

自分の将来像をしっかりと考えるようにすれば、目先の良い条件が書かれた求人票に飛びつくことがなくなります。

 

求人票には、「高年収の意味」など「はっきりと書かれていない裏の事実」が隠されています。

 

こうした「裏」情報の意図を読み取ったうえで、転職活動をするようにしましょう。自分で求人票に目を通しつつも、その事務所の人に話を聞いたり、転職エージェントに業界事情などを尋ねることが転職成功の秘訣です。