転職エージェントを利用すると、非公開求人にも出会えますし、無料で利用出来るので、転職時には最大限活用した方が良いといえます。
しかし、転職エージェントを利用しないで自分だけで転職することにもメリットはあります。

 

まず、転職エージェントと電話したり会う必要がありません。

転職するということは面接をしたり多くの人に会わなければいけないのに何を言っているんだ・・・と思われるかもしれませんが、人と会うのが面倒という人にはメリットといえるでしょう。

 

また、転職エージェントに気を使う必要もありません。

転職エージェントはあなたが転職に成功するように情報提供から年収交渉まで様々な手助けをしてくれます。そして、電話をかけて進行状況も確認してくれます。
しかし、人によってはその手助けを「ありがたいけど無料でここまでしていただくのは申し訳ない」と思うでしょう。

 

さらに、転職エージェントによっては年収の高いところばかりを勧めてくる場合もあります。そのような「押し付け」に対し「嫌だ」と言えない人は同じように転職エージェントを利用しない方が自分のペースで転職活動を勧められるのでメリットといえるでしょう。

 

このように転職エージェントを利用しないことにはメリットもありますが、どちらかというと使わないデメリットの方が大きいといえるでしょう。

 

転職時に無料で有用な情報を提供し協力してくれるのですから、転職エージェントを利用した方が転職成功確率は上がります。

しかし、中には「転職エージェントを使わない方が良い人」もいます。

それは以下のような人です。

 

1.転職エージェントの協力を得られない人

転職エージェントを使わない方が良いというよりも、転職エージェントに協力を断られる人というべきですが、転職エージェントに協力を断られた場合は一人で転職活動をしなくてはいけません。
どのような人が転職エージェントに協力を断られるかというと、たとえば転職回数が多すぎる人が挙げられます。

2.ベンチャー企業や非営利企業へ転職したい人

これらの企業は転職エージェントを経由しての人材募集をしていない場合が多いので転職エージェントに情報を貰おうと思っても適切な情報を貰うことができません。
このような企業や事務所へは転職エージェントはアプローチできないわけですから、自分の力だけで転職活動をする必要があります。
したがって、該当企業のホームページを見るなどして、自分で応募することになります。

3.働きたい企業や事務所が決まっており、そこ以外では働きたくない人

子供の頃から電車の運転手になりたかったとか大好きなゲーム会社でゲーム開発の仕事をしたいというように夢があるにも関わらず他の仕事についてしまったため、転職をして夢を叶えたいと考える人がいます。

このような人の場合、その一社だけに履歴書を送ればいいのですから、「複数の企業や事務所への面倒な書類送付などを代行してくれる転職エージェントの手助けはいりません。

もちろん「志望動機」や「自己PR」を充実させるために履歴書のチェックくらいはしてもらったほうがいいので、転職エージェントの力を借りたほうが良いのですが、このような人はその会社や事務所のことだけを思い続けてきたわけですので、「志望動機」に関しては十分過ぎるほどあるはずです。ですから、複数の会社へ履歴書を送る必要がある普通の人に比べて転職エージェントの手助けは少なめで済むのです。

まとめ

通常は転職時には転職エージェントを利用した方が良いのですが、一部の人には転職エージェントは必要ありません。

ただし、上記に該当する人でない限りはぜひ転職エージェントを利用してください。転職エージェントを利用しないと非公開求人を紹介してもらえませんし、そのような案件ほど良い求人であることが多いのです。

また、転職エージェントを利用したほうが書類選考通過率があがりますし、何より就業中で忙しい人は転職エージェントの手助け無しでは転職活動をスムーズに行なえません。

転職エージェントに協力を断られるような条件にいる人でない限り、積極的に転職エージェントの協力を仰ぐようにしましょう。

 

たとえば、ここの転職エージェントなら大手なので安心できます。

また、こちらの転職エージェントは一人ひとりに寄り添ったサービスを展開しています。

どちらも甲乙つけがたいので両方登録してしまってもよいでしょう。
無料ですからね。