特許技術者の年収はどれくらいあるのでしょうか。

未経験の場合だと年収300万円〜400万円程度、経験を積むと800万円程度にまでアップするようです。

 

しかし、経験を積んでもそれ以上にはなかなか上がらず、1000万円を超えることが出来ないと悩む人がいます。

 

では、どうしたら特許技術者が年収1000万円の壁を破ることができるのでしょうか。

以下に確実性の高い方法から順に説明していきます。

 

①弁理士資格をとる

最も確実で最も難しい方法が弁理士資格をとるという方法です。

弁理士の平均年収は800万円程度です。しかし、それは意匠や商標の弁理士(平均年収500万円以下)も含んでのことですので、特許明細書を書く弁理士の年収はもっと高めです。

特許事務所や企業知財部によっては弁理士資格をとっただけで弁理士手当を出したり年収をアップしてくれるところもあります。

特許事務所によって給与体系は異なってくるので言い切ることは出来ませんが、明細書作成能力が高い弁理士は特許事務所側も手放したくないことから、交渉次第で更に年収アップは可能です。

 

ただし、分野にもよりますし(電気や機械は一番求められているのでお勧め)、特許事務所の給与体系によってはかなり低い年収になることもあるでしょう。

なお、言うまでもないことですが、弁理士資格は難関です。取得するまで平均3年半かかりますので、腰を据えてしっかりと学習しましょう。
自分なら1年で受かる!とほぼ全ての人が考えて実際には3年半かかっています。

 

②英語力を上げる

国内出願だけよりも外国特許出願をする方が確実に儲かることから英語力(読み書きする力。聞いて話す力はそれほどいらない)の高い特許技術者は重宝されます。

といっても弁理士資格をとったときほどの変化はありません。

年収をあげたかったら、まずは弁理士資格。それから高い英語力が必要です。

 

なお、英語の資格には様々なものがありますが、受けるなら、有名なTOEIC、英検、工業英検のどれかを受ければ良いでしょう。

工業英検は特許翻訳の力を示せる特殊な英語検定です。

TOEICにはリスニングも多いのですが、実務ではリスニング力はそれほど必要ありません。ですが、TOEICの点数をあげるにはリスニングの勉強もしなくてはいけません。

TOEICの点数に関わらずお勧めなのが、NHKのラジオ講座です。

ご自分のレベルに合わせて受講講座を決められます。

テキストも一ヶ月に400円〜500円と非常にリーズナブルです。

ただし、コツコツと継続しなくてはいけないので、短期に一気に点数をアップしたい人には向きません。別の方法をとらなくてはいけません。

 

TOEICの点数が800点以下の人にお勧めの英語教材はこちらです。

スタディサプリEnglish Toeic対策

実際に使える会話例をストーリー形式で楽しみながら英語を学習できます。

こちらも非常に安価なのに質が高いのでTOEICの点数が伸び悩んでいる人はぜひ試してみてください。

800点以下の人は絶対に申し込むべきです。

 

ただ、この教材は英語初心者〜中級者向けです。

TOEICの点数が800点以下の人が受講するとあっという間に100点アップが狙えるでしょう。

 

しかし、私もこの教材に申し込んでみたのですが、800点以上の上級者には物足りないだろうと感じました。

もっと早くにこんな教材に出会いたかった・・・。

追記・パーソナルトレーニング版がリリースされました。値段はずっと高額ですが、かなり評判が良いようです。

上級者で時間に余裕のある人の場合はNHKのビジネス英会話がお勧めです。

 

10年以上前の話ですが、私は弁理士試験に受かり、暇になってしまったときに何か勉強するものが欲しくて英語を勉強していました。

TOEIC900点を超えるためにビジネス英会話を聞いたり、アルクのTOEIC対策講座を受講していました。

ただし、強制力がないことから社会人には辛いものが有ります。

 

自分の意志力に自信のない人は、徹底指導で“英語脳”を鍛える【RIZAP イングリッシュ】に頼ると良いでしょう。

これは専属トレーナー付きダイエットの英語バージョンです。短期間のうちにがんがんに英語力を挙げたいという人におすすめです。
結果にコミットしてくれますw
時間をお金で買うことになるので、ある程度金銭的に余裕のある人にお勧めします。

学生は「こんな金額は出せない!」と思うでしょうが、社会人であれば、この程度のマイナスはあっという間にペイできるので、自己投資と考えれば安いものでしょう。

忙しい社会人で確実に効果を出したい人にお勧めします。

 

しかし、自己投資に慣れていない人は自分の意志力に頼ってNHKのビジネス英語を聞いている方が気分的に楽でしょう。
(ただし、目的と手段が混同する恐れあり。)
 

コツコツと何年も勉強し続ければ点数はアップしますよ。
ただ、もっと短期間で成果を出したい!仕事で疲れているのに英語で意志力を使いたくない!という人は、トレーナーに頼ることができる先程の英語版のライザップ頼ったほうが精神的にずっと楽でしょう。
 

③別の特許事務所へ転職する

特許技術者が年収をアップさせる方法の3つ目ですが、まず、実力があることが前提です。実力が足りないのなら必死で仕事をして力をつけてください。

そして、自分は事務所に貢献しているのに給与が少ないと確信を持てたら、他の特許事務所や企業の情報を得るようにしましょう。企業に転職したいのなら、転職エージェントに登録したほうが効果的です。

自分一人で転職活動を行うと情報量も限られてくることから無料で使える転職エージェントを利用するのが賢い方法です。

ただし、特許事務所へ転職したい場合には転職エージェントに登録する必要はありません。
転職エージェントを使わずとも情報はたくさん手に入るからです。
それに転職エージェントを利用すると望まぬ特許事務所へ転職させられてしまう恐れがあるので気が弱い人には向きません。

 
特許事務所に転職するなら特許業界専門スカウトサイトにご登録された方が効果的です。
登録手続きは少し面倒ですが、知財系転職エージェントを利用するより良い特許事務所へずっと有利に転職出来ます(転職エージェントは特許事務所のために働いているのであなたの働きやすさや都合を考慮してくれません)。

また、知財業界での転職を考えている方は私にお問い合わせくださっても構いません。

 

転職に失敗すると精神的ダメージが大きいだけでなく、経歴にも傷をつけてしまいます。また同じような理由(=もっと給与が良い特許事務所で働きたい)で転職することを避けるためにも入念な下調べの元に転職しましょう。