必死で勉強して弁理士になったものの、弁理士の仕事というものが自分に向いていない、と感じていませんか?

 

華やかなイメージのある弁護士とは違って、基本的に一日中明細書を書いてばかりの弁理士の仕事は、好きな人でも辛いと思うことも多いでしょう。

 

また、本来は、特許事務所で特許技術者として数年働いてから弁理士試験を受けるのが好ましいところ、先に弁理士試験に合格してから特許事務所に来た人にとっては特許業界というものは想像とかなり違って辛い職場であることも多いでしょう。

 

これは、「高年収!」「最先端の発明に触れられる」といった耳障りの良い言葉を売り文句にしている受験予備校にも大いに責任があります。

 

現在では、むしろ、合格者増から弁理士は余っている、と言われることも多く、拘束時間の長さや仕事内容の辛さを考えると、向いていない人には全く向いていない仕事といえます。

 

特に、人付き合いが好きでみんなと和気あいあいとしながら働きたいという人や、一日中デスクワークは嫌だという人には向いていないでしょう。

 

つまらない仕事や意義を感じられない仕事を我慢しながら続けていると、酷い場合にはうつ病を発症することもあります。

 

これは、甘えと捉えられてしまうこともあり、なかなか人には相談出来ないことですが、このような悩みを持ちながら仕事をしている人は大勢います。

 

そのため、ある日突然仕事を辞めて留学して自分探しをしたり、副業を始めたりする人、趣味に打ち込む人はたくさんいます。
あなたの周りでもそんな人がいるかもしれませんね。

 

20代の人だけではありません。30代でも、結婚していてもこのような人は存在します。
または、そういった行動に移していないだけで、今の仕事を我慢しながら続けている人という”仕事辞めたい予備軍”は実にたくさんいます。

 

30代までにそうした行動をできなくて、40代や50代になってストレスからうつ病を発症するという人もいます。

 

 

あなたも一度は考えたことがあるはずです。

 

仕事なんて他にいくらでもある。

と。

 

 

そのとおり、仕事は無数にあります。

 

しかし、自分の経験やスキルから付ける仕事は限られていると思い込んでしまっています。

 

これは勿体無いことです。

 

 

過去の経歴にしがみついて知財業界だけに自分を押し込めていると、自分の知らない業界の面白さを知らないまま年を取ってしまうことになります。

 

 

確かに弁理士資格は難関です。

 

しかし、そこにしがみつく必要はありません。

 

むしろ、しがみついてしまうと自分の可能性を狭めてしまうので、勿体無いともいえます。

 

 

とはいうものの、全く畑違いの職種で働くのは怖いと感じてしまうでしょう。

 

そこで、一度ご自分のスキルやキャリアの棚卸しをすることをお勧めいたします。

 

 

まずは、頭を空っぽにして、自分の好きなことを書いていきます。

 

このとき、「常識」のことは考えから捨て去ってください。

 

誰にも紙を見せる必要は無いのですからどんなに恥ずかしいことでも書いてしまって構いません。

 

「カラオケ」「食べ歩き」「テニス」「漫画を描くこと」「ドラマを見ること」「海外ドラマ鑑賞」「ボーリング」「耳かき」「おしゃべり」・・・

 

 

頭を空にすれば、小さい頃から好きだったことなど様々なことを書けるはずです。

 

中には趣味でも何でもない、わけのわからないことも書いてしまうかもしれません。

(余談ですが、「耳かき」が趣味の場合は仕事には繋がらないでしょう。
毎日耳かきをせずにはいられない場合には過度のストレス下に置かれているためストレス解消のためにしていることが多いそうです。
同じように、食べる・飲むといったことも、何かから逃れるために依存していることが多いそうです。したがって、食べるのが好きだからフードファイターを目指そう!食レポタレントになろう!と短絡的に考えるのは危険です。)

 

 

さて、頭を空っぽにして書いたことの中から、仕事になりそうなことはありますか?

 

まあ、なかなか「好きなこと」を仕事に繋げられることはないので、一個も無くても気落ちしないでください。

 

「好きなこと」を紙に書き出したら、次は「出来ること」を紙に書き出していきます。

 

これは、仕事に直結することが多いでしょう。

 

たとえば、技術が得意なら開発職に就くこともできます。
発明をするのが好きなら、起業することだってできます。

英語が得意なら、出来る仕事は無数にあります。

 

「会社員」という立場でも、「営業」「研究職」等等様々な職種があります。

 

得意なこと、好きなことを活かして起業もできます。

 

 

ただ、余程情熱を傾けられることがない限り、起業をしても長続きしないでしょう。

 

思いつきで起業した人の殆どが3年以内に廃業しているといいます。

 

そこで、起業というリスキーなことをするよりは、転職をすることをお勧めします。

 

このとき、むやみに仕事を辞める前に転職エージェントにコンタクトをとりましょう。

既に転職経験のある方なら聞いたこともあるでしょう、転職エージェントは転職者が転職活動をするときに、雑用から面接対策まであらゆることをサポートしてくれる存在です。

 

彼らは、「どんな仕事が自分に向いているかわからない」という漠然とした、他人に言いにくい悩みでも真摯に話を聞いてくれます。

 

決して馬鹿にすることはありません。

 

なぜなら、他にも同じような悩みを持っている人は大勢いるからです。

 

弁理士はしたくない。でも何が自分にとって天職かわからない。

 

そんな人は、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

 

お勧めの転職エージェント
 

登録はちょっと面倒ですが、きちんと入力しましょう。

 

登録するとすぐに転職エージェントから電話を入れてきてくれるので、電話番号やメールアドレスに間違いがないように気をつけてください。

 

電話がかかってきたら、恥ずかしくても、転職したいがどんな仕事が向いているかわからない、という悩みを話しましょう。

そして、面談に言って、悩みをさらけ出しましょう。

 

礼節をわきまえれば、心の奥底で渦巻いていたものを全て吐き出してしまって大丈夫です。

 

話しているうちに、自分では気づかなかった自分の適正というものがわかるはずです。

 

 

人生は有限です。
死ぬ間際になって「別の仕事をしておけばよかった」なんて悩むのが一番苦しいことでしょう。

 

試してみたけど駄目だった方がよほどマシです。

 

あなたには無限の可能性があります。

 

若ければ若いほどその可能性は多く、年をとるほど可能性は狭まっていきます。

 

どうか、できるだけ若いうちに新たな人生の第一歩を踏み出してください。

 
なお、会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』のような転職サイトでヘッドハンターからヘッドハントされて転職するのも良いでしょう。
意外な企業からオファーがあるかもしれません。
優良企業からのオファーが欲しい場合には有料プランに申し込まなくてはいけませんが、まずは無料登録してどんなものか見てください。

 

 
退職代行サービスプロモーション