就活時には、特許事務所を就職先候補として考える人もいると思います。

 

しかし、まだ若いあなたに伝えたいことは、「まずは企業へ行ってみては?」ということです。

 

「一生弁理士として食べていくんだ!」

この心意気、素晴らしいです。

弁理士は年収も高いですし、知財業界はとても魅力的です。

 

しかし、いきなり最終地点に足を踏み入れるのではなく、まずは外の世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

 

 

知財業界は転職が活発な業界です。

資格が重要な位置を占め、年齢が上がっても資格と実務経験のある人間はどこでももてはやされるからです。

 

そんなわけで、実力のある人はどんどん転職してしまいます。

初めて勤めた特許事務所に生涯勤務しようと考える人は少なめです。

 

なぜまずは企業に勤めるべきなのか

 

特許事務所は弁理士が一人いれば開所出来てしまいます。
そのため、「中小企業」の位置づけです。

所長弁理士が一人だけの事務所も多く、「小企業」に該当します。

 

特許事務所では特許明細書の作成を徹底的に教えてもらえますが、その他の社会人として必要なことは特に教えてもらえません。

そのため、自ら学ぼうとする気のない限り、社会人として必要なマナーなどは身につきません。

 

一方、企業に行くと、一通りのマナーを身につけることができます。

 

また、日頃多くの人と接するため、自然に処世術が身につきます。

 

ずっとその特許事務所や企業にいると考える人は少ないでしょうし、転職を考える人のほうが多いと思います。

しかし、転職をするときは、基本的に大企業から中小企業へ転職するのは簡単だけどその逆は難しいといえます。

 

これについては下町ロケットのドラマの中でも同じような発言がありました。

 

まずはブランド力のある大企業へ行く。最初から中小企業へ行くと、実力がその程度しかないのかと思われてしまう。

だから大企業へ行ってからそこを辞めて本当に行きたかったところへ行く。

 

この考え方は転職において大事なのではないかと思います。

 

ですから、新卒者には、まずは企業へ行って欲しいと思います。

 

特に研究開発のできる部署や知的財産部など良いのではないでしょうか。

後に特許事務所へ転職する際にその経歴を買われ「高く」買われることになります。

 

ぜひ自分の市場価値を上げましょう。

 

 

終身雇用制度が崩壊しつつある今、誰もが転職を考えています。

 

そして、転職が他業界よりも活発な知財業界だからこそ、企業を経験し自分の市場価値を高めてから特許事務所へ行くことを考えてほしいと思います。

 
知財業界について知りたい方はどうぞお問い合わせください。就職希望先の先輩企業知財部員さんをご紹介出来るかもしれません。
この業界は狭いので・・・(^^;