20代の頃はバリバリ働いていた人も、30代になるといろいろと悩み始めます。
その最たるものが、「結婚どうしよう・・・」です。

 

彼氏がいる人も、彼氏がいない人も、婚活中の人も、皆、一度は考えます。

子供を産めるうちに結婚しておかないと・・・。

 

特に、周りが寿退社したり友達の結婚式に呼ばれると、意識していなかった人まで焦りだします。

 

 

こうした場合にとりうる方法は人によって様々です。

 

1つ目は、子供を産める年齢のうちに結婚しようと思って30代前半から婚活をしたり結婚の準備を始める人。

 

2つ目は、逆に仕事一筋に生きるため、さらなるキャリアアップを目指す人。

 

3つ目は、1つ目を目指していたが疲れて2つ目に鞍替えした人たちです。

 

他にも、「無理はしないで自然な流れに身を任せる」、「良い縁があれば付き合うけれど無理はしない」、「いつか出会える王子様のために自分磨きを頑張る」、など人によって様々です。

 

しかし、どのような方法を撮るにせよ、30代独身女性が仕事とプライベートを充実させるためには絶対に考えておきたいことがあります。

 

それは後悔しない生き方をするということです。

30代独身女性のキャリアとプライベートの充実

働く女性にとって、30代は人生の中で忙しい期間です。

そんな独身30代女性は、将来を見据えてできるだけ欲張りになりましょう。しかし、同時に現実的に欲を抱きましょう。

 

価値観というものは人によって様々です。

 

自分の信念とまで言えるものを持っている人もいることでしょう。

 

そんな人が自分の価値観に反するようなことをすると、精神的に辛い思いをすることになります。

 

たとえば、バリバリ働きたいのに、親から「結婚して孫の顔を見せてくれ」とプレッシャーをかけられているため、働きたいのにセーブしてしまうことがあります。

 

すると、「私が男だったら褒められることが、女に生まれたばかりに親を悲しませてしまう」と苦しい思いをすることになってしまいます。

 

この場合、親の気持ちをとるか、自分の信念に従うか、非常に難しい問題です。

 

あなたが40代だったら親も諦めはしてくれるでしょう。
しかし、30代の場合は、親は期待してしまうものです。

 

こんな状況にいる時、どちらかをとるのではなく、両方とることをお勧めします。

 

つまり、バリバリ働きつつ結婚してしまうのです。

 

ただ、既に付き合っている人がいるならすぐに結婚出来るかもしれませんが、まだこれから・・・・となると、婚活にも時間を割かなければいけません。

 

そこで、しばらくの間は仕事をバリバリではなく、バリ程度(笑)にとどめておいたほうが良いでしょう。

 

もし、忙しすぎて婚活なんてしていられないと思ったらもう少し残業の少ない仕事に転職するのもありでしょう。

 

特に結婚したら早い段階で子供を生むことになるでしょうから、今のうちから産休や育休をとりやすい会社に転職しておくと安心して子育てに専念できます。

 

もちろん今の会社も残業が少なくて産休・育休制度が充実しているのならこのまま今の会社にいましょう。

 

将来の自分の姿を思い描こう

 

40代になったとき、あなたはどこで何をしていますか?

 

今の会社で働いているでしょうか。

 

結婚して専業主婦になっているでしょうか。

 

育休後今の仕事に復帰しているでしょうか。

 

寿退社したけれど仕事が見つからず不本意な仕事をしているでしょうか。

 

悲しいことに今の日本はまだまだ男性社会ですので、女性は働きにくく、同じ仕事をしていても給与が低めです。

 

したがって、30代の今のうちから40代になってからの生き方を考えておかなければいけません。

 

ずっと独身でいいという人ならば、ひたすらキャリアについてだけ考えていれば大丈夫です。

 

しかし、結婚・出産を考えている人は、それがどれだけ自分のキャリアに傷をつけるか覚悟をしなくてはいけません。

 

一度仕事を辞めてしまうと、余程スキルの高い人でないと再就職は困難です。
特に再就職する時期が30代後半から40代となると、相当低い給与に甘んじなければいけなくなってしまいます。

 

そこで、今のうちから育休後も働き続けることのできる会社に転職してしまったほうがずっと精神的にも経済的にも楽になります。

 

たとえば、今現在事務員をしているのなら、女性に優しい会社の事務職を探してみましょう。

ただ、普通の事務職だと競争率が高いので、「穴場」の事務職を狙います。

 

私のお勧めは「特許事務」です。

 

これは特許に関する仕事を補佐する仕事で、普通の事務よりは少しだけ専門的です。そして、その分給与も高めです。

 

しかし、特許というものを知らなかったり興味がない人が多いため、競争倍率は低めです。

 

もし興味を持たれたら特許事務に関する記事を書いているので御覧ください。

特許事務の仕事とは

 

30代の独身女性は悩みたくなくても周囲の圧力で結婚と仕事で板挟みにされる時期です。
もしキャリアを選ぶのだったら、結婚を強制してきた人たちに有無を言わさないくらい働いてキャリアアップしましょう。

 

理系で英語ができるなら弁理士資格をとって年収2000万円を目指すというのもかっこいいですね。

 

仕事も結婚も・・・と欲張り(?)な方は、子供のせいでキャリアに傷がつかないように、予め育児が終わった後に自分を迎えてくれる会社に転職しておくのが良いでしょう。

 

最近は女性が働きやすい会社も増えてきました。

 

しかし、「女性が働きやすい職場です!」と求人票に書いてあるだけで実態は働きやすさからかけはなれている職場もあります。

 

本当に働きやすい場所で輝けるように、転職エージェントから企業の情報をもらって、素敵な会社で働いてくださいね。