あいぴーがドラクエⅩをプレイしています。
どうやら、仲間の一人があいぴーのキャラクターの服のコーディネートを批判しているようです。

あいぴーにとっては自分のアバターは自分と一心同体。
批判されたら傷ついてしまいます。
さて、あいぴーは批判した人に対して著作権法に基づき何か言えるのでしょうか。

あいぴーの写真
あいぴーの写真

あいぴー
オンラインゲームをやっとるんやけど、うちのキャラクターのスクリーンショットを勝手に撮られて、コーディネートが変だって他人のブログで批判されとる。ムカつくんやけど何とかできへん?
チーたん
ドラクエをやっている暇があるなら僕の仕事手伝ってよ~
あいぴー
黙っとき! ふっくんに聞いとんねん。

ふっくん
ゲームのアバターは人ではないので、肖像権は認められていません。

また、CG(コンピュータ・グラフィック)の著作権はユーザーではないので、著作権に基づいて訴えることもできません。


ふっくん
ただし、ゲームのキャラクターではなく、そのプレイヤーであるあいぴーのことをブログで批判しているようなら、名誉毀損に該当する可能性があります。

あいぴー
うちにとっては、アバターの外見が批判されると自分が批判されとるように感じるわ。

ふっくん
そうかもしれませんが、アバターは人ではないので人格権もありませんしね。

何かしたいなら、先ほど述べたように、あいぴー自身の名誉毀損として訴えてください。


あいぴー
法律では動物も物として扱っとるし、法律は人の心がわからんのやな!

ふっくん
でもその法律を作っているのは人間ですから、そのうち法律が改正されるかもしれませんね。

チーたん
未来の知的財産権法って、もっと良いものになっているのかなあ。

ふっくん
知的財産権法のない世界が理想だと思いますけどね。