この記事のポイント
弁理士・特許技術者・特許翻訳者・サーチャー・特許事務向け

・企業知財部へ転職したい場合は転職エージェントを併用する。
・特許事務所へ転職したい場合は転職エージェントを利用しない。

 

年功序列制度が崩れつつある今、日本では転職が活発です。
特に知財業界の転職は他業界に比べて非常に多いといえます。
以下では、企業知財部への転職と特許事務所への転職に分けてご説明していきたいと思います。

 

企業知財部か特許事務所か

弁理士や特許技術者の転職先候補として上がるのは主にこの2箇所です。

 

大まかな特徴としては、企業知財部の方が福利厚生が充実していて仕事内容も多岐に渡る。コミュニケーションスキルが必要といえます。

特許事務所の方は福利厚生が充実していない分、年収は高め、残業時間多め、です。

もちろん場所によって特徴は異なります。

企業知財部への転職法

企業知財部へ転職する場合には、お目当ての企業があるなら直接求人に応募してみるのも良いでしょう。

 

しかし、そうではなく、たとえば「大企業 年収700万円以上 都内」の括りに入るならどんな企業でも良いのならば、下記でご紹介する転職サイトや転職エージェントを利用すべきでしょう。

自分だけで情報収集しているよりも効率的に情報が手に入ります。

転職サイトについて

転職サイトについてですが、企業知財部へ転職したい方への私の一番のお勧めはビズリーチです。

この会員制転職サイトを利用するなら有料プランを申し込むことをお勧めします。

 

利用者に感想を聞いたところ、無料プランの人は皆「取り立てて良い点は無い」と言っていました。
また、「お金を払わなくては良い情報を見ることができないから嫌になって登録を解除した」という人までいました。

この点については私も同意してしまいます。
他のサイトは無料で情報を提供してくれているのに、わざわざお金を使いたくないですよね。

 

しかし、どこの転職サイトも無料で案件を紹介してくれるのになぜここは有料なのかというと、有料プランでは管理職や高収入の外資系案件など優良案件をヘッドハンターが紹介してくれるからです。

 

下記で紹介する他の転職サイトは無料で気軽に利用出来るのですが、本気で「高年収高待遇」の職を望む人は月に4000円以上払ってもいいと思います。そして、ヘッドハンターからヘッドハンティングされるまで数ヶ月間待つのです。

それで年収が100万円アップするのなら、十分過ぎるほどペイできます。

 

したがって、ご自身の経歴に自信があり(弁理士として実務経験が長いということは市場価値が高いといえます)高年収を望む方は、有料プランを利用すべきでしょう。

絶対に良いところに転職出来るとは限りませんが、やって損は無いでしょう。

 

ただ、この転職サイトは「待ち」が基本です。
市場価値の高い人にはヘッドハンターからどんどん声がかかりますが、有料プランでも声がかからないことはあります。

 

ですから、まずは無料プランに登録して求人を閲覧してみるのも良いと思います。
無料でも普通の求人の閲覧はできます。

無理に、お金をかけてまで有料プランに申し込むことは無いでしょう。

 

ヘッドハンターから声がかかり易い人の特徴としては、現在高年収・企業知財部や研究開発職経験者・20代〜40代前半・弁理士有資格者(短答試験合格者は優遇の可能性有り)です。

 

なお、今(2019年5月)見た時点では、無料プランでも割りと良さそうな案件が掲載されていました。

 

転職エージェントについて

転職エージェントを利用する場合は、上述した転職サイトのヘッドハンターにお願いしたり、大手転職エージェントにお願いするという方法が考えられます。

 

転職エージェントを利用するメリットは、なんといっても、勝手に求人を探して紹介してくれることと、企業と交渉してくれることです。
また、給与交渉もしてくれます。

 

求人の数は重要なので、最大手のリクルートエージェントは登録しておくべきです。

企業知財部に転職する場合には必須といえるでしょう。
ただ、エージェントの質にばらつきがあるようです。

ここだけに頼るのではなく、パソナなど他の転職エージェントと併用するほうが良いでしょう。

 

なお、関西メーカー専門の求人サイト「タイズ」を利用すれば、関西の大手〜中堅企業に転職できます。

 

特許事務所への転職法

機会を見つけて入所したい特許事務所に勤務している弁理士などに情報をもらうのが一番です。

ただし、その人の立場によって意見は代わります(たとえば、定時退社の特許事務員が「最高の職場」と言っても、特許技術者から見たら「残業の多い職場」かもしれません。また、上司にえこひいきされている人は「楽しい職場」かもしれませんが、冷たく扱われている人は同意見ではないでしょう)。

 

ですから、他者の意見はあくまでも参考に留めて、最終的な判断はご自身で下すことになります。

とはいっても一人ではそれほど多くの情報を集めてくることは出来ないでしょう。

そこで我々がお手伝いいたします。

我々は転職エージェントではありません。知財業界を良くしたいと思っている弁理士や知財業界の人間の集まりです。
業界を健全化したいので、喜んで情報を提供いたします。

 
情報だけ受け取ってご自由に転職されてください。
ボランティアでしておりますので、遠慮もお礼も不要です。
 
必要な場合には給与交渉などもいたします(転職エージェントを利用しなければ特許事務所は採用費用が減るので、容易に年収アップや待遇改善に同意してくれます)。

特許業界は非常に狭いので転職エージェントを利用するよりも、その事務所で実際に働いている人たち(将来の同僚)に話を聞く方がずっと効果的です。

特に、転職エージェントに依頼しない優良特許事務所を逃さないためにもぜひご相談ください。

 

弁理士の転職まとめ

 

企業知財部へ転職する場合、高年収高待遇で転職したいなら上記転職サイトに登録し、ヘッドハントされるのを待つ。
また、大手転職エージェントも併用する。

 

特許事務所へ転職する場合には転職エージェントは不要

我々にご相談くだされば無料で情報提供いたします。

転職エージェントとは異なり、金銭を受け取らない我々は仲間であるあなたを無理に転職させようとはしません。また、事務所との契約内容にもよりますが、外注(他所での仕事)のご紹介もいたします。

 

転職エージェントは使わないで済むなら使わないほうが良いのです。

個人情報を渡すことになってしまいますし、情報を持っていない人や押しに弱い人ほど望まぬ事務所へ押し込まれてしまうからです。

 

流石に我々でも日本中に存在する企業知財部の情報全ては持ち合わせていません。ですから企業知財部へ転職されたい方には上記大手転職エージェントさんをお勧めしています。

 

しかし、特許事務所に関してなら我々でも十分に認識しています。

 

そんなわけで、特許事務所からも転職者様からも一切の金銭を受け取ることなく複数の事務所情報をご提供しています。
転職義務などございませんのでお気軽にお問い合わせください。
また、可能な限り実際の転職者と対話できる機会をご提供いたします。

 

知財業界、特に特許業界で転職ご希望の方は、ぜひお問い合わせください。