*この記事は弁理士の転職のまとめです。
特許事務、特許技術者・特許翻訳者の転職については他の記事を御覧ください。

知財実務未経験者の転職
大手特許事務所と小規模特許事務所どちらに行くべきか
特許事務所への転職の失敗を防ぐ方法

 

年功序列制度が崩れつつある今、日本では転職が活発です。
特に知財業界の転職は他業界に比べて非常に多いといえます。

 

理由は、何といっても、弁理士資格実務スキルが要因です。

 

難関資格である弁理士資格を保持していることに加え、実務経験が長いと、非常に”使える人材”になります。

 

すると、人材不足の特許事務所は、両手を挙げて弁理士の入所を望むのです。

 

そんなわけで、一般企業に勤務する「資格なし」「特別なスキル無し」の人が転職できずに苦しむのと逆に、知財業界では「資格あり」「特別なスキル(=特許明細書作成スキル)有り」の弁理士は余裕で転職が出来るのです。

 

企業知財部か特許事務所か

弁理士の転職先候補として上がるのは主にこの2箇所です。

 

大まかな特徴としては、企業知財部の方が福利厚生が充実していて仕事内容も多岐に渡る。コミュニケーションスキルが必要といえます。

特許事務所の方は福利厚生が充実していない分、年収は高め、残業時間多め、です。

もちろん場所によって特徴は異なります。

 

企業知財部への転職法

企業知財部へ転職する場合には、お目当ての企業があるなら直接求人に応募してみるのも良いでしょう。

 

しかし、そうではなく、たとえば「大企業 年収700万円以上 都内」の括りに入るならどんな企業でも良いのならば、転職サイトや転職エージェントを利用すべきでしょう。

自分だけで情報収集しているよりも効率的に情報が手に入ります。

特許事務所への転職法

かつては、転職サイトを眺めて気に入った特許事務所に応募するという方法が主流でした。

しかし、最近は転職エージェントを利用する人が増えています。

 

というのも、複数の特許事務所に一気に応募してくれますし、内部情報もくれるので転職の失敗を防げるからです。

 

本来は、機会を見つけて入所したい特許事務所に勤務している弁理士などに情報をもらうのが良いのですが、それも限度があるでしょう。

また、その人の立場によって意見は代わります(たとえば、定時退社の特許事務員が「最高の職場」と言っても、特許技術者から見たら「残業の多い職場」かもしれません。また、上司にえこひいきされている人は「楽しい職場」かもしれませんが、冷たく扱われている人は同意見ではないでしょう)。

 

ですから、他者の意見はあくまでも参考に留めて、最終的な判断はご自身で下すことになります。

 

転職エージェントは特許事務所内部にまで入り込んでいますから、かなり突っ込んだ質問に関しても答えてくれることがあります。

ですから、ぜひ利用させてもらいましょう。

 

なお、その人の市場価値が低い場合には転職エージェントは相手にしてくれません。

たとえば、文系・弁理士資格無し・知財実務経験無しの30歳の人が転職エージェントに申し込んでも、転職エージェントは積極的に連絡をくれません。

一方、理系・弁理士・知財実務経験有りだと転職エージェントは積極的にコンタクトを取ろうとしてきます。

 

そんなわけで、弁理士という立場を最大限に利用して、無料で転職エージェントの協力を仰ぎましょう。

 

転職サイトについて

まず、転職サイトについてですが、企業知財部へ転職したい方への私の一番のお勧めは会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』です。

この会員制転職サイトを利用するなら有料プランを申し込むことをお勧めします。

 

利用者に感想を聞いたところ、無料プランの人は皆「取り立てて良い点は無い」と言っていました。
また、「お金を払わなくては良い情報を見ることができないから嫌になって登録を解除した」という人までいました。

この点については私も同意してしまいます。
他のサイトは無料で情報を提供してくれているのに、わざわざお金を使いたくないですよね。

 

しかし、どこの転職サイトも無料で案件を紹介してくれるのになぜここは有料なのかというと、有料プランでは管理職や高収入の外資系案件など優良案件をヘッドハンターが紹介してくれるからです。

 

下記で紹介する他の転職サイトは無料で気軽に利用出来るのですが、本気で「高年収高待遇」の職を望む人は月に4000円以上払ってもいいと思います。そして、ヘッドハンターからヘッドハンティングされるまで数ヶ月間待つのです。

それで年収が100万円アップするのなら、十分過ぎるほどペイできます。

 

したがって、ご自身の経歴に自信があり(弁理士として実務経験が長いということは市場価値が高いといえます)高年収を望む方は、有料プランを利用すべきでしょう。

絶対に良いところに転職出来るとは限りませんが、やって損は無いでしょう。

 

ただ、この転職サイトは「待ち」が基本です。
市場価値の高い人にはヘッドハンターからどんどん声がかかりますが、有料プランでも声がかからないことはあります。

 

ですから、まずは無料プランに登録して求人を閲覧してみるのも良いと思います。
無料でも普通の求人の閲覧はできます。

無理に、お金をかけてまで有料プランに申し込むことは無いでしょう。

 

ヘッドハンターから声がかかり易い人の特徴としては、現在高年収・企業知財部や研究開発職経験者・20代〜40代前半・弁理士有資格者(短答試験合格者は優遇の可能性有り)です。

 

なお、今(2019年4月)見た時点では、無料プランでも割りと良さそうな案件が掲載されていました。

その他の転職サイト

特許事務所または企業知財部へ転職したい弁理士の場合は、弁理士・知財職特化の転職サイトを利用するのも良いでしょう。

弁理士・特許技術者の転職実績No.1サイト【リーガルジョブボード】

無料で利用出来るのは大きなメリットですし、登録した場合にのみ見ることが出来る求人案件には時たまお宝案件が含まれています。

もちろん運の要素も大きいので、早めに登録しておいた方が良いでしょう。
お宝案件はあっという間に埋まってしまいますから。

 

転職サイトなのでゆっくりと案件を見ることもできますが、登録したら転職エージェントさんがすぐに担当に付いてくれます。

今すぐ転職するつもりの方は転職エージェントさんに希望を述べ、案件を見たいだけの方はその旨をお伝えすればよいでしょう。

 

登録するかどうか迷っているなら登録してしまった方が良いでしょう。登録の手間はかかりますが、無料ですから。

 

 

求人案件の多さではリクナビNEXTが一番です。

 

 

しかし、求人の案件は非常に多いのですが弁理士が望むような高収入好条件の案件は少なめです。

 

したがって、企業知財部へ転職したい人や管理職になりたい人の場合は、月々お金を支払ってでも一番最初に紹介した転職サイトを利用するほうが良いのかなと思います。

ただ、案件の数が多いということは魅力があるので、まだ登録していない場合は登録しておきましょう。
意外な求人が見つかるかもしれません。

 

なお、知財に特化した転職サイトとしてはパテントサロンがあります。

ただ、企業知財部の案件はあまりありません。

 

パテントサロンは転職エージェントに協力を断られたときに自分で特許事務所を探す場合に利用しましょう。

なお、掲載されている特許事務所がどんな事務所なのかはパテントサロンを眺めているだけでは全く分かりません。
したがって、複数の友人・知人から情報を得たり転職エージェントから話を聞くと良いでしょう。

 

転職エージェントについて

転職エージェントを利用する場合は、上述した転職サイトのヘッドハンターにお願いしたり、知財専門の転職エージェントにお願いするという方法が考えられます。

 

転職エージェントを利用するメリットは、なんといっても、勝手に求人を探して紹介してくれることと、企業や事務所と交渉してくれることです。

場所によっては、在宅ワークを認めてくれる働きやすい特許事務所もあるので、そんなところをピンポイントで見つけてきてくれたりします。

また、給与交渉もしてくれます。

 

求人の数は重要なので、個人的には最大手のリクルートエージェントは登録しておくべきと考えています。

ただ、エージェントの質にばらつきがあるようです。

ここだけに頼るのではなく、他の転職エージェントと併用するほうが良いでしょう。

弁理士の転職まとめ

・企業知財部へ転職する場合、高年収高待遇で転職したいなら上記転職サイトに登録し、ヘッドハントされるのを待つ。

・特許事務所へ転職する場合、まずは転職エージェントに登録。エージェントがあまり情報をくれないようなら自分で転職サイトを見て応募する。

・転職前にその企業や特許事務所で働いていた人にコンタクトを取り、情報をもらう。

 

各事務所の雰囲気など情報が必要な場合は、私が知っている限りの情報はお伝えすることが出来るのでお問い合わせください。

もちろん、今までにいただいた情報に過ぎませんが、参考になるかもしれません。